学校案内

ホーム > 学校案内

学校案内

異文化間コミュニケ-ションセンター附属日本語学校は、沖縄県宜野湾市にある日本語学校です。
浦添市、那覇市、沖縄市、西原町などからわざわざ通う学生がいます。

学習環境

花と緑に囲まれた教室には自然のさわやかな風が流れてきます。日本語をゆっくり、じっくり学びたい方には最適の環境です。授業で少し疲れたら、お茶を飲みながら自然に目を向けてひととき休息を取ってください。

懇切丁寧な個別指導

親切丁寧な個別指導語学学習は教室内だけのものではありません。教室外でも学習者との関わりを大切にします。学習者が、相手や場面に合った日本語を日常生活からも身に付けられるよう、スタッフ一同が様々な工夫を凝らしています。

多方面にわたる課外授業

多方面にわたる課外授業文化・習慣・歴史などを学ぶことを通じて、その国を理解することは語学学習者にとってとても重要な要素です。過去から現在までの日本・沖縄の実際の姿を多面的に知るために、当校は、名所旧跡はもちろんのこと、多方面にわたる様々な施設の訪問・見学、そして地域との交流も授業の一環として取り入れています。これまで、沖縄に関する国際観光会議や地元の小学校での国際交流授業への参加などを通して、日本や沖縄の現状について実践的に学ぶような取り組みをしてまいりました。これらは学習者から多くの好評を得ており、語学力向上に大きな効果を上げています。

異文化交流の場

異文化交流の場沖縄は人口137万人の小さい島ではありますが、外国籍住人の比率は4%で、これは全国で最も高い割合となっています。当校の学習者も多国籍で、校内はいつも異文化交流の場となります。日本語学習とともに、様々な国からやって来た人々との交流をたくさん体験してください。

大学に囲まれた環境

当校周辺には、琉球大学、沖縄国際大学、沖縄キリスト教学院大学があり、沖縄県内で最も学生が多い地域です。図書館を一般公開している大学もあり、授業以外の時間でそれらの施設を活用することもできます。真剣に勉学に取り組もうとする学習者には最高の環境です。また、沖縄の伝統芸能サークルに参加して、日本人大学生と積極的に交流をした学習者もおり、貴重な経験を沖縄での良き思い出として残しています。

日本本土の大学・大学院へのアクセス

卒業後の進学先として、日本各地の大学・大学院の情報を提供しています。日本の大学の中には、外国人留学生の受け入れを進めるために授業料の減免制度などにより、経済的支援を充実させているところが少なくありません。また、進学希望の大学が決まった学生については、進学準備の進め方をきめ細やかに指導します。

観光・旅行業へのキャリアプラン

当校では、長年にわたり高い就職率を誇る国際デュアルビジネス専門学校(東京)と連携しており、日本語の基礎学習から進学・就職までを一貫して計画することができます。当校を卒業した後は、国際デュアルビジネス専門学校の国際観光学科、国際ホテル学科、航空貿易学科への優先的な進学が可能です。

21世紀の鍵を握る沖縄

さんご礁に彩られた美しい海を目的に年間500万人を超える観光客が訪れる沖縄は、国内有数のリゾート地です。また、2000年7月の主要国会議(G8サミット)も沖縄で開催されました。沖縄が日米関係を焦点として世界の注目を集め、21世紀のアジアと世界の鍵になることを象徴していたとも言えます。日本の中でも、独特の歴史的文化的背景を持った沖縄を直接体験してみてください。

お気軽にお問い合わせください

異文化間コミュニケーションセンター附属
日本語学校(財)日本語教育振興協会認定校B479

〒901-2212 沖縄県宜野湾市長田4-13-8
営業時間 9:00〜18:00

電話番号国内から 098-893-6467
国外から (81)98-893-6467

メールはこちらからお問い合わせフォームはこちら

Copyright コピーライト 2017 Cross Cultural Communication Center. All rights reserved.